2016年09月30日

TOP画 「極楽ロケット」 ★ 佐藤 万里栄【平成28年7月号】


七夕の日に、宇宙船がロシアから飛び立つのをみんなと見た。
その中で94歳の彼女は笑う。
「極楽と地獄、どちらに行くかわからないけど、あぁいうのに乗っていくんだな」
あまのがわを越える彼女。宇宙に広がって見守ってくれる。
「あなたは置いていくから」
逝く者と残る者の使命を思った。


宇宙船「たかーず」.jpg



posted by あまのがわ通信 at 10:34| Comment(0) | TOP画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。