2004年09月15日

今月の短歌・俳句【2004年9月号】

我話す 電話の奥に 声はなく 聞こえてくるは 声となき声  清水
 毎日、時を選ばず出かけるHさん。それに寄り添う私。車内での二人のやりとりの中で自然に生まれた食事の話。その場を作ろうと携帯電話を手に、必死に形のない相手と会話する。その電話から聞こえてくるのは?Hさんの心の声?それとも自分の内からくる声?そんな声に耳を傾け生きていきたい。


オラ知らね。 もっと押して 空気抜け! 声では足らず 手が伸びてくる  渡辺

 朝一番で、胡瓜のぬか漬けを取り出そうと樽に向かうと、そこにいつもより早く起きたMさんが。ぬか漬けのことは知らないとはじめは私がやるのをすぐ横で仏様のように見ていたが、次第にMさんのこだわりが次々と。最終的にふたを閉めたのはMさん。そのとても活き活きとした姿は、寝ぼけ眼の私を起こしてくれた。ぬか漬けの奥の深さ、味の深さを体で感じ、その日の朝食に食べたぬか漬けは、格別に旨かった。この日、Mさんが、早く起きてきたのは、このことを感じさせてくれるためだったのだろうか?


空見上げ 夕日が綺麗 そのことで なぜか三人 微笑んでいる  渡辺

 車内には、ある事で悩んでいるHさん。その相談にのる私。いつまでも悩みが解決しないそのやりとりに、「いいかげんにしなさいっ!」とWさんが一喝。車内は、一気に凍りつく。が、ふと外に目を向けると、そこにはピンク色の空が広がっていた。「わぁ〜」という私に続いて、他の二人も「綺麗ね・綺麗だなぁ」と。さっきまでのドライブとはうって変わって、歌って♪語っての楽しい一時となった。
 あなたが想う空の色って何色ですか?


posted by あまのがわ通信 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。