2007年03月15日

私も脱いで ★グループホーム 前川紗智子【2007年3月号】

 グループホームでは入浴という日常的で心地よいはずのことが結構大変だったりする。管理で日課があってそれをきちんとこなす軍隊のような生活はしたくない。一人一人の自由度を高く保証してやっていこうとすると「お風呂は嫌だ」という場面が結構出てくる。以前には三ヶ月も入れなかった人もあったそうだ。そこをどう工夫してやっていくか、関係作りが大切になる。
 機嫌が悪いことも多く、なかなかお風呂に誘いにくいSさん。夕方、「ちょ、ちょ、トイレどごだ?」とSさんが部屋から出たので、“お!これはお風呂に誘うチャンス!”と案内をかってでた。トイレが終わって、脱衣場へと招いた。よしここまで来たぞと思いながら、慌ててはいけないと自分に言い聞かせ、茶を出す。伸びた爪が目に入ったので。「爪伸びてたね」と語りかけ爪切りを始める。「おぉ、ほになぁ、切ってもらわねばな。おれいっつも旦那殿に切ってもらうもん。」とすごいいい笑顔。旦那さんとの出会いなども語ってくれ、なんとも心地いい時間が流れていく・・・。
 でもここは脱衣場、風呂をどう切り出すか気になってもいる。するとそこへガラッ!と扉あけYさん登場。Yさんはすごい勢いで愚痴を吐いて嵐のように去っていった。私たち二人は“・・・なんだ?”という空気になったが、その空気がチャンスをくれる。「お風呂、沸いてたよ?」「ほ。んだってっか?ほんだら、一緒入るべ?」?!予想外の展開。
 入浴は私も服を脱いで一緒に入る。以前「服着てる人に背中こすってもらったって、こすってもらった甲斐ねえ!」とある利用者さんに言われた。ただの入浴介助と、一緒に入るお風呂ってのは、実際味わいが全然違う。お風呂は体だけじゃなく、心も暖まったりほぐれたりする場だから、服着た人間がそこ立って見ている感じでは違和感や緊張感が目だって、やっぱり「お風呂」じゃない。
 Sさんと初めて二人で入るお風呂は、すごく楽しかった。「おめさんも入れ」って、あけてもらったスペースに「入れるかなぁ」と足を入れて沈んでみる。ザバッと溢れるお湯に、「わがんね、わがんね!もったいねぇじゃあ!」と二人あわてて腰をあげながら、やっちゃったねって顔を見合わせて笑った。
 お風呂から上がったSさんは「いい湯っこだったよ?おがげさんで、ありがとう。」と、何度も、顔合わせる人みんなに言って回った。いつもなら「あんべぇ悪ぐなった・・・うぇっ!となる、好かね、寝床どごだ。」なんて愚痴になったりしたのにと嬉しくなった


posted by あまのがわ通信 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。