2004年04月15日

広報委員会【2004年4月号】

 いよいよ田植えが始まりました。今年も天候に恵まれて、苗は順調に生育し、立派な苗になりました。「苗半作」などと言われるほど、米作りにとって苗は重要で、いい苗は、豊作につながるとされています。昨年は夏の天気が悪く、不作でしたが、今年のこれからの天候が気になるところです。
 ワークステージに取っては初めての田植えですが、なんと言っても20代の若者中心の集団だけあって、ハウスからの苗出しの作業も、田んぼへの苗運びも、あっという間に終わってしまいます。
 田植え機の操作などは、練習程度にとどまったものの、やる気十分のメンバーで、この先が楽しみです。
押され気味の高齢者も、そこは経験と技術で貫禄を見せ、ゆとりと、やる気のコンビネーションが、何ともいい感じで組み合わさっていました。
 ワークステージの開設と同時に農繁期という、慌ただしい春ですが、種まきから、収穫までの米作りの全行程をスタッフと彼らがどうこなし、どう感じていくのか、そして、どう育って行くのか、楽しみに見守って行きたいと思います。
posted by あまのがわ通信 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広報委員会【2004年4月号】

 銀河の里の噂を伝え聞いたとのことなのか、県知事の訪問がありました。弱小の組織で運営する、始まったばかりの歴史もない施設ではあるものの、方向性をもって、未来に向かって歩いている、福祉の世界では今時、他では見あたらないだろうと自負を持っています。そういう意味ではもっと注目されてもいいのではと思うのですが、ほとんど相手にされないどころか、無視されているくらいなので、独自の道を、孤独に歩もうと腹をくくったところでの、突然の訪問は意外でした。
 施設長などは知事に先立って訪問のあった保健福祉部長に「何の目的でこられるのですか」などとけげんそうに聞いてしまう始末です。部長がキャリアで中央官庁からの派遣と分かると、「岩手に赴任される事の使命はどこに感じておられますか」などと、いきなり、里流の「あなたの生き方」論になってしまいます。組織の体制ではなく、一人一人の生き方こそが大切なのだという里のスタンスは伝わったでしょうか。
 視察、見学の方には、必ず里のレストランをご利用いただいて、収益結びつけていくとの方針通り、知事ご一行にも昼食ランチを食べていただきました。
 ワークステージの若者はそれぞれに質問したり、写メールをお願いしたり、有名人の訪問と言うことでお祭り騒ぎとなりました。
posted by あまのがわ通信 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今月の短歌・俳句【2004年4月号】

いいもんだ 笑い涙に もらい泣き  渡辺

最近泣くほど笑ったことがない。大笑いしているTさんと職員の丑島さんを見ていて、涙が出てきた。久しぶりの涙は、大笑いのもらい泣き。


撮る人が とってもいい 顔してたから 思わずふふと 撮っちゃった  渡辺
 
里ではいっぱい写真を撮る。撮っている人の目はいつも真剣で正直。写真を撮ろうとカメラを構えたその人の顔が印象的で、その顔を絵で残したいと思った。


おのれ流 持たぬ私は 後ずさり  渡辺
 
春になって、早速ジャガイモを畑に植えた。利用者の人はベテラン揃い。それぞれ畝作りにも流派があって毎度のことながら、「ああだ、こうだ」と大騒ぎになる。まるで農作業の経験のないスタッフの作者は、迫力に押されてしまった。
posted by あまのがわ通信 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水【2004年4月号】

 先日、スタッフの中屋がグループホーム第2からワークステージへ異動することとなり、スタッフ、利用者で「よろしく・ご苦労会」を開きました。
 当日は、スタッフ、利用者で作った相変わらず豪華な食事と、この日ばかりはと買い込んだお酒を片手に、とてもにぎやかな時間を過ごしました。特に男性の利用者はほろ酔い?で、次のお酒を女性スタッフにすすめ、それをたじたじで受けるといういつにない光景も見られました。
 グループホーム第2が開所して、いろいろな形で出会いもあり、別れもあり、本当にいろいろなことがありました。私たちはその中で、何かを感じ、「生きる」ということを考えてきました。そこには利用者がいて、私たちはその利用者との関わりを通して、何かをそれぞれが見つめてきたのだと思います。そこは今後も大切にしたいと思います。
 中屋さん、本当にご苦労さまでした。今度は、ワークステージで力を発揮して下さい!
また、グループホーム第2の利用者のみなさん、今度は私のことをどうぞよろしくお願いします。今まで、中屋を軸として暮らしを作ってきたグループホーム第2を、今度は私が引き継ぐことになります。今度は私なりのカラーで、グループホームの暮らしを作っていきたいと思います。
 
posted by あまのがわ通信 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。